チェンマイロングステイ~WOOたんのチェンマイ通信

タイ人が一生に一度登りたいプークラドゥン


f0178278_1415516.jpg


タイ人が一生に一度は登りたい山プークラドゥンは




タイ東北部のルーイ県最南端にあり




チェンマイから550キロほどの道程で




麓の宿泊施設がある町までおおよそ8時間のドライブです




f0178278_1465039.jpg


翌朝(6日)ゲストハウスから一直線の道路で山すそにある管理事務所へ向かいます




ゲートの右上に目的の山が見えています




f0178278_14203735.jpg


2ヶ月前に登ったチェンダオ山(2225メートル)より低い1288メートルで



立派な登山道が整備され休憩所や売店、救急施設があり



日本でいえば富士山と尾瀬をあわせたような山といえば良いでしょうか




f0178278_14282575.jpg


山頂は60km2もあるほとんど平坦な台形地形で




西側には複雑な渓谷と川や滝があり




変化にとんだ山歩きが堪能できます




f0178278_14323325.jpg


ここから登山道が始まります




デイバックなどの嵩張る荷物を預け身軽になっていよいよ登山開始です




f0178278_14355263.jpg


登山道は歩きやすく整備されているとはいえきつい登りです




日陰に入ると涼しいが直射日光が体力を奪っていきます




f0178278_15205616.jpg


荷揚げをしているポーターさんの1割くらいが女性なのに驚きました




約50キロの荷を担ぐ姿は頼もしい




登頂と下山に際して預ける荷物はキロ30バーツ




全てが収入になったとしても50キロで約4500円は良い収入なのでしょうが




息を切らして登っている身からすると申し訳ない思いもします




f0178278_14475610.jpg


こちらは救急の担架ではなく




有料で担ぎ上げてもらうことも出来ます




f0178278_14492257.jpg


江戸時代の大井川の蓮台のように4人掛かりで担ぐものは




山頂まで3000バーツ(約9000円)




楽だけど急峻な登山道では怖い方が先に立つかもしれませんね




f0178278_14532433.jpg


登山口から山頂までには5ヶ所の茶店や売店があり




食事や休息ができます




f0178278_14562457.jpg


プークラドゥンをプリントしたTシャツ150バーツ(約450円)など




お土産物も売られています




f0178278_14584238.jpg


かき氷20バーツ(約60円)や




スイカなどのフルーツが登る先々で乾いた喉を潤してくれます




f0178278_152532.jpg
f0178278_1515777.jpg
f0178278_1512716.jpg





如何に身軽とは言え登山は登山




きつい登りがこれでもかと続きます




こんな登山をサンダル履きにハンドバックで登る若い女性もいる




まあ、富士山を浴衣と下駄で登る娘さんの方がすごいけど(笑)




国民性の違いとゆうよりはジェネレーションギャップなのでしょうね




f0178278_159682.jpg


4時間かかってやっと山頂へ




登りきった人達には自然に笑みが浮かんでいます








プークラゥドンの夕陽に続く・・・・










ブログランキングの応援をお願い致します


南国の空に映える火焔樹を<ポチッ>とクリックしてくださいね
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
ポチッ!と応援をありがとうございました 040.gif
by gaku-404 | 2013-02-10 15:18 | 旅行 | Comments(6)
Commented by 紫のらいおん at 2013-02-10 18:02 x
こんにちは。お話を伺っていると、私でもなんとか登れそうな気がしてきます。
いざという時は、プロに助けてもらえるのはいいですね。続きを楽しみにしています。
Commented by flyrobin at 2013-02-10 22:24
gakuさん、お帰りなさい!
以前、高所恐怖症と書いた覚えがあるのですが、山道が結構整備されてるようなので、私でも大丈夫?なんて思ってしまいました^^。
前回登られた山より断然楽そうにお見受けしましたがいかが?
担いでもらえるなら是非トライしたいなんて、横着モノの私はつい楽することばかり考えてしまいます 笑。 
カキ氷もあるんですね♪♪
Commented by gaku-404 at 2013-02-11 10:12
紫のらいおんさんへお返事

本当に楽チン登山でしょ(笑い

<お金さえあれば何でも可能になる>
何処の国でも同じことがいえるかもしれませんが特にタイではその考えが顕著なように思えます。

タイに住んでいる日本人の感情では「善きにつけ悪しきにつけ<何でもありのタイ>」の思いが強いようです。
Commented by gaku-404 at 2013-02-11 10:22
flyrobinさんへお返事

やっと生還しました(笑い
チェンダオ山は登山でプークラドゥンは少しハードな山歩きといったところでしょうか。

私が見かけて写真に撮った二人はいずれも若い女性でした。
flyrobinさんもトライなさってはいかが。
でもお二人とも楽しそというよりは恥ずかしそうな面持ちでしたね。

かき氷はザラザラ氷ではなくしっとり溶けるフワフワ氷りなのが良かったです。
運搬経費が掛かっている割には安いのも驚きでしたよ。
Commented by 通りすがり at 2014-03-05 11:59 x
この山の事で検索してました。
写真もきれいで見やすいですね。
ありがとうございます。
Commented by gaku-404 at 2014-03-11 11:15
通りすがりさんへお返事

コメントありがとうございます。
テーブルマウンテン状の山頂にはバンガローやテントなどが数百も有って、シーズンには大勢の登山者(観光客)で大盛況のようです。
機会があればトライなさって下さい。