チェンマイロングステイ~WOOたんのチェンマイ通信

<   2009年 02月 ( 20 )   > この月の画像一覧

チェンマイの和食料理 キッチン・ハッシュ

昨日は和食のお店へ!(何故ゆえに食べ物の話題ばかりなのでしょうね^^;)
チェンマイの和食のお店ではずば抜けておしゃれな雰囲気のお店です。
古い大きなお屋敷がたくさんある静まり返った路地、大きな木々に囲まれて「キッチン・ハッシュ」はありました。
f0178278_1051850.jpg

一帯には大きな木が多いのでまるで森の中のレストランのようです。
f0178278_10135263.jpg

店内は木張りの床に古い木造建築の良さが良い雰囲気をかもし出しています。
f0178278_1018664.jpg
f0178278_10192087.jpg

ボリュームを絞ったジャズが流れる静かな店内。
f0178278_10203588.jpg
f0178278_10213793.jpg

メニューの品数も豊富で懐かしい日本の味が並んでいます。
ランチはお弁当がメインのようです。
f0178278_1023124.jpg

本日のお弁当150バーツ。
f0178278_102466.jpg


夜の一献も楽しそうなお店です。近いうちに来て見たいと思いました。
by gaku-404 | 2009-02-24 10:34 | 食べ物 | Comments(6)

フォーシーズンリゾートのビュッフェ

フォーシーズンリゾートのビュッフェに行ってきました。
以前のもお伝えしましたがこのビュッフェは日曜だけ楽しむことが可能で、平日はリゾート滞在中のゲストのためのクッキングスクールに使用されている施設を利用しています。
フロントからカートでビュッフェに。
f0178278_9344254.jpg

席の目の前は緩やかに傾斜した斜面を利用してせせらぎが流れ木々の葉をゆるがせて風が吹き渡っています。
f0178278_952264.jpg

前回にも増して美味しいイタリアワイン2001年ロッソ。
f0178278_9393880.jpg

素敵な女性ボーカルのラテンソングと鳴き交わす鳥の声の中、美味しい食事をいただきました。

食事の後はリゾート内を散策しました。
ロビーテラスの正面に見える池と水牛小屋を一周しました。
f0178278_10191987.jpg

左側から15分ほどをかけてゆっくり眺めを楽しみます。
f0178278_10195384.jpg

こんな通路を通ってやがて池の近くまで下りてきます。
f0178278_10203641.jpg

ロビーテラスの正面に見えていた池と小屋には水牛が2頭。
f0178278_1021835.jpg

この提燈が灯る頃はさらにロマンチックな風景に変るのでしょう。
f0178278_1022938.jpg

正面にレセプション棟とプールが見えています。
f0178278_10225048.jpg

どこを歩いていても眺める光景は飽きることを知りません。
f0178278_10232088.jpg

植えられた稲が青々として短い葉を風になびかせています。
f0178278_10275824.jpg

ライステラスの中に溶け込むプール。
f0178278_10293626.jpg

水田に遊ぶようにプールを楽しんでいます。
f0178278_10234775.jpg

ビュッフェの味覚とリゾートの風景を思う存分楽しんだ日曜日でした。
今回もお世話になったMICHIKOさんは来月からしばらくの間フォーシーズンズ・リゾート・コ・サムイに出向されます。
f0178278_1122253.jpg

by gaku-404 | 2009-02-23 11:19 | チェンマイの街角 | Comments(6)

美味しい食事

チェンマイには美味しい食事がいたるところで出来ます。
でも美味しいと感じて満足できる食事に出会うまであまり美味しいと感じられない料理に当たってしまうことは時々あります。
たくさんの現地情報などに接していても当たり外れはあるのですから、旅行でやってきてガイドブックに紹介され、グルメガイドで取り上げられたお店や料理で口に合わない料理に出会ってしまうのは当然といえば当然のことです。

大満足のあんかけ揚げ麺。
f0178278_10223330.jpg

僕はタイ人の友達に美味しいお店を教えてもらっています。
その人は会社の来客で日本人を接待する機会が多く日本人の嗜好を良く理解しています。
それでも僕の口に合わない料理が出てきます。
これは日本でも同じで個人の味覚には結構好みの差があるもので人によっては美味い不味いの判断が分かれる場合も多いですね。

血を固めたものと内臓のスープ。
癖はありませんが見た目で嫌がる日本人は多いですね。
f0178278_10462677.jpg

タイでは日本料理と違い素材を生かして淡い味付けと云ったものがありません。
一言で言い表わせば「パンチの効いた味」と云ったところでしょう。
味付けが濃いのはもとより甘味、酸味、辛味などかなり強いものを好むようです。
但し最初からそんな料理が出てくるわけではなくテーブルに置かれた調味料で各自が好みの味を作って食べるのです。

青パパイヤのソムタム。
シャキシャキした食感でさっぱりして美味しいが日本の酢の物系より甘めのものが多い。
注意して注文しないととんでもなく辛いものが出てくるから注意が必要です。
f0178278_10475354.jpg

ラーメンと呼ばれている麺は僕には「さっぱり薄味」で美味しいのですがこれに必ず砂糖をティースプーンに2~3杯入れます。それに辛味を付けた酢を足し唐辛子をどさっとかけます。
思わず顔をしかめてしまいますね。

最初から甘味の強い麺。
どちらかと言えば日本人は苦手な人が多い。
f0178278_10495729.jpg

日本と違うのは化学調味料が大好きな人が多いことです。
化学調味料を使い過ぎていると文句を言うより使っていないと不満を口にします。
したがって使用していないお店を探すのに苦労します。
でもそんな店は必ず美味しくて流行っているのです。

さっぱり塩味の美味しいラーメン。
f0178278_1055356.jpg

食文化は本当にいろいろですね。
こちらでは日本食ブームです。
当然タイ人向けの日本食ですから驚くような味付けも少なくありません。
それについてはいずれ報告したいと思っています。

日本のタイ料理ではまず出てこないでしょうね。
血を固めたものが入った赤いスープの麺。
見た目はいざ知らず美味しいです。
f0178278_11264180.jpg

特筆すべきは全ての料理が安いことです。
もちろんホテルなどでは各国の高級料理が楽しめます。

川魚を揚げたもの。上にかかったナッツの揚げ物が香ばしくて美味しい1品。
f0178278_11314867.jpg

最後に。
日本国内で食べるタイ料理にも自ずと限界があります。
旅行でタイを訪れた際に口にして美味しくなかったとしてもそれがタイ料理の全てではありません。

ですから現地ならではの美味しい料理に出会ったときの幸せは何にも増して嬉しいものです。
by gaku-404 | 2009-02-20 12:53 | 徒然の事 | Comments(8)

良いところ、悪いところ。

昨年の8月ある日の夕暮れ。
我が家から西北方向を眺めた様子です。
ドイ・ステーブの山並みが薄暗い中でもはっきり見えています。
f0178278_1091752.jpg

同じ方向を撮影した今朝の様子です。
陽か昇る前ですがドイ・ステーブは全く見えません。
最近、窓から見た北方向の空はどんよりと重く霞んでいます。
f0178278_1020121.jpg

11月から雨が降っていませんからチェンマイ市内は空気の汚れがひどいようです。
長い間降雨が無いために排気ガスや土埃が空気中に漂っているのでしょう。
昨日出掛けたニマンヘイミンはチョッとひどい!!
旅行者なら仕方ないとしても毎日をこんな所で過すのは、よほどの辛抱が必要ではないかと思います。
南から北にかけて空気が移動しているようで中心部より南はさほどでも無いのですが市の中心部から北の方面は車で走っていても空気が霞んでいるのが分ります。
わずか4,5キロ南にある我が家では極稀にしか感じませんのでチェンマイも住むならこの辺りが良いのかも知れません。



とは言え旧市街やニマンヘイミンは街中ならではの楽しみもあります。
そのひとつがこの「GINGER」。
f0178278_1025638.jpg

お堀端にゆったりとした駐車スペースがあるので車で行くには最高の環境です。
「THE HOUSE」と「GINGER」に分かれてそれぞれの違った雰囲気が楽しめるようになっています。
昨日は「GINGER」に行ってきました。

シックな店内。スペースもゆったりとしてかなりゴージャス。
チェンマイには珍しい雰囲気です。
f0178278_10253622.jpg

置かれた家具や小物も良い感じ。
奥にはアクセサリーや小物、アンチーク家具などのショップもあって女性には魅力のお店ですね。
f0178278_10262023.jpg

オープンでは白人客がワインで楽しげに談笑していました。  絵になるー♪
f0178278_10264286.jpg

こんな巾着をケットしてきました。
f0178278_10462129.jpg

雰囲気を壊したくない素晴らしいお店でした。
by gaku-404 | 2009-02-19 11:25 | チェンマイの街角 | Comments(4)

ベトナム料理

チェンマイも異常気象だとか地元の方々が云っています。
まだ2月なのに暑すぎるとか。
暑い夏がすぐそこまで来ているようです。
f0178278_12312879.jpg

暑くなったらベトナム料理(暑さとは何の関係も無いけれど)とばかりにお気に入りのベトナム料理で昼食です。
野菜やハーブがたっぷり付いてきます。
全てを取り合わせて(唐辛子は別)葉っぱにくるんでいただきます。
青いバナナ、スターフルーツ、キュウリなど。スターフルーツの酸味が爽やか。
f0178278_1237644.jpg

揚げ春巻き?。
f0178278_12374374.jpg

ソムタム。
f0178278_12383383.jpg

海老のすり身で焼いたチジミ風。これが海老の味がいっぱいでとても美味しい。
この4品がセットで215バーツ。3、4人分のボリューム。
f0178278_12525726.jpg

定番のフォー。あっさりしていて麺ののど越しも最高!
f0178278_12392474.jpg

暑くてもそうでなくてもやっぱり美味しいお店です。
by gaku-404 | 2009-02-18 13:01 | 食べ物 | Comments(2)

ディープな食べ物

最近、チェンマイでは空前の日本食ブームです。
その中でも「すし」はチェンマイの人たちに大人気で街のレストランからホテルのビュッフェ、ご覧の屋台でも売られています。
中には充分美味しいものもあるのですが、タイの人たちに人気があるものは日本の寿司とは少し違って甘めの味付けです。

次々に売れていき大人気の屋台。
f0178278_11511475.jpg


今回はチェンマイならでは、日本ではチョッと食べられないものをお伝えします。

ルークチンと云う魚や肉のツミレです。
すり身を手際よく丸めてお鍋の熱湯で茹で上げます。
ぷりぷりした食感とジワーっと広がる魚の旨味、熱々のルークチン・プラー(魚のすり身団子)美味しかった~♪
f0178278_11515371.jpg

こちらはルークチンやソーセージなどいろいろなものを茹でたり揚げたりして売っています。
f0178278_11522129.jpg

ココナツ屋さん。
硬い椰子の実を手際よく捌いています。
ジュースはさっぱりしていて美味しいんです♪
f0178278_11525011.jpg

サトウキビのジュース、これも大好き♪
写真は搾りかすでごめんなさい^^;
f0178278_11532077.jpg

よく見かけるのですが名前は分かりませんが、甘いお菓子です。
出来上がりの手際を見ているのが楽しいです。
お鍋の表面で焼きあがった網目をくるりと丸めて筒状にして出来上がり。
食べたことも無いのでそのうちいただいてみます。
f0178278_11541289.jpg

懐かしいアイスキャンデー屋さん。
懐かしかったけど子供の頃食べたアイスキャンデーよりはかなり甘めでした^^;
f0178278_11545861.jpg

お次は虫。
苦手な方はご注意下さい。




決して「気持ち悪い」とか「こんなもの食べるの?」などとは云わないでくださいね。
これはれっきとした食品で昔から食べているもので特別のもではありません。



日本でお刺身を見て「気味悪い」、「残酷」、「不衛生」などと云う外国人と同じです。
お互い異文化は認め合いましょうね^^



素揚げした「虫」
あえて種類はふれませんね。
f0178278_11555452.jpg

竹の中にいるこの虫は日本の〇っぱエビセンみたいな食感と味です。
これ美味しい~♪
f0178278_11562526.jpg

とは云うものの同行したタイ人の女性には思い切り白い眼で見られました^^;

これは普通のお粥。
鯛に似ている魚の塩焼きと塩玉子とタマネギ、高菜漬け。
お粥の上に少しづつ乗せていただきます。
もちろん超美味し~い♪♪
f0178278_11572373.jpg

by gaku-404 | 2009-02-17 13:12 | 食べ物 | Comments(4)

チェンマイのフルーツ

チェンマイを象徴する山にあるワット・ドイ・ステーブ
境内の目立つ場所にジャックフルーツの大木がありいくつもの実を重そうにつけています。
f0178278_11374410.jpg

街の目抜き通りの歩道にデンと居座るジャックフルーツの木。
手に届く所にたわわに実ったジャックフルーツですが誰も取っていきません。
f0178278_11383196.jpg

チェンマイでは庭木代わりに植えられているジャックフルーツも本格的に栽培されると大きな冬瓜くらいの大きさになり、屋台で売られています。
f0178278_11403397.jpg

硬い実を割って中の房から種を取り出しひとつずつ小分けします。
日本で食べるフルーツには思いあたる物が無い香りとほの甘さはなかなかいけます。
あっという間に一袋(10個くらい)を歩きながら平らげました。
20バーツ。値段も味も大好きです(笑)
f0178278_11414598.jpg

ジャックフルーツのドライチップ。
フォーシーズンリゾートのオープンバーにあったビールのおつまみ。
左から2番目がそれですが、とても美味しかったので探していました。
f0178278_1144099.jpg

少し小ぶりなチップスですが味は上々!いいお酒の友が出来ました。
f0178278_11455426.jpg


思わず枇杷を思い出し購入したフルーツはマンゴーにそっくりな味でした。
ひょっとしてマンゴーの種類でしょうか?種もマンゴーのように大きい種がひとつ入っていました。
f0178278_11474886.jpg

by gaku-404 | 2009-02-16 12:19 | 食べ物 | Comments(2)

高級ムバーン

バレンタインデーの午後、張り切ってドライブに出掛けました。(バレンタインとは何の関係もないんだけど)
タイ人の友達の車に乗せて貰って住まい探しに出掛けました。
チェンマイの中心部から車で20分。15,6キロ郊外にある分譲住宅街です。
現在住んでいるムバーンと同じデベロッパーでタイでは一番の高級ムバーンを手掛けていると言われていてチェンマイには3ヶ所のムバーンがあります。
3ヶ所のムバーンで一番大きなものがこのランドハウスパーク。
日本風にいえば東京ドーム〇〇個分と言うのでしょうが、とにかく超巨大。
パーク内には1000戸以上の住宅があり小型マーケットや郵便ポストなどもあって街そのものです。
幹線道路から入ってくると大きなゲートが。
ゲートをパークの内側から見たところです。
f0178278_13382178.jpg

管理棟もちょっとしたラウンジ気分。
f0178278_13384966.jpg

本格的なビリヤードが2室。
バスケット、バレー、バトミントンは室内コート。
エアロビルーム、マシーンを多数そろえたトレーニングルーム。
屋外には照明付きのテニスコートが5,6面。
f0178278_13391335.jpg

何と言ってもこのプールが素敵でした。
f0178278_13395212.jpg

ホテルのプールを凌いでいます。
f0178278_13401494.jpg

広大な敷地の中は池や街路樹などが巧みに配置されていて見て周るのに飽きません。
パークの中で200~300戸を一区画にしてそれぞれムバーン名がつけられゲートがあり、それが5,6ヶ所くらいあるのですからウッカリすると何処にいるのか迷子になってしまいそうです。
セールやレンタルの住宅がチラチラと見受けられ、この家は少し大きいけど好かったー。
f0178278_13405086.jpg

とにかく大きくて凄い、といった感想です。
チェンマイにはまだまだ住むのに好い所がありそうでここもそのひとつす。
by gaku-404 | 2009-02-15 14:06 | チェンマイの街角 | Comments(0)

チェンマイのバレンタインデー

チェンマイでは1月の終わり頃から可愛いリボンをかけたギフト商品をあちこちの店頭で見かけます。
バレンタインデーの贈り物はチョコレートに限らないようです。
それと男性から女性にプレゼントをするようでこれは日本とは違っています。
花屋さんにはいつもの数倍のバラが置かれ今日の出番を待っていました。

そんなチェンマイからバレンタインのプレゼントをお届けいたしますね^^
f0178278_94016.jpg
f0178278_952446.jpg
f0178278_962082.jpg
f0178278_982358.jpg
f0178278_9101930.jpg
f0178278_9111437.jpg
f0178278_9135828.jpg
f0178278_9151490.jpg
f0178278_9161187.jpg
f0178278_917854.jpg
f0178278_9175869.jpg
f0178278_9193726.jpg

再掲のものが多いですが美しいものは何度でもとお許し下さい。

皆様のバレンタインデーが楽しいものでありますように!!
by gaku-404 | 2009-02-14 09:24 | 徒然の事 | Comments(2)

ニマンヘイミンのブテックホテル

今回は出来たばかりのブテックホテル&スパ「YANTARASIRI」のご案内。
昨日、ミマンヘイミンに昼食に出掛けて立ち寄りました。
北タイの古い建物を一部移築した街中には珍しい重厚感のある建物です。
f0178278_10284262.jpg

こじんまりとまとまり隅々まで手入れが行き届いています。
f0178278_1029886.jpg

オープンしたてといった雰囲気があり気持ちいいー!
f0178278_10294042.jpg

繁華街にあるとは思えない静かな環境。
小鳥がやってきてしきりにさえずっていました。
f0178278_1030589.jpg

小さいけれどきれいで雰囲気のいいプール。
f0178278_10302664.jpg

マンスリーで利用できるお部屋を見せて貰いました。
彼女は日本語で会話できます。
f0178278_10304384.jpg

ブテックホテルらしくお洒落な室内。
f0178278_1031415.jpg

バスルームも使いやすそう。
f0178278_10312731.jpg

スパロビー。
f0178278_10321615.jpg

スパ棟
f0178278_10324157.jpg

お洒落なお店がずらっと並び観光客に大人気のニマンヘイミン通りのソイ6、角のバンコク銀行ニマンヘイミン支店を入ってすぐのところにあり徒歩で散策に出掛けるにはこれ以上無い環境です。
一泊7000バーツから。1ヶ月24000バーツ。
スパもタイ式マッサージ、オイルマッサージ1時間300バーツと高級感の割にはお値打ちです。
一ヶ月の滞在ならカップルやお友達同士で利用するにはいいリゾートかもしれません。
by gaku-404 | 2009-02-13 11:09 | チェンマイの街角 | Comments(6)