チェンマイロングステイ~WOOたんのチェンマイ通信

<   2009年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ドイ・カームからの夕暮れ

日没前にドイ・カームに登りました。
f0178278_23243260.jpg

境内にある展望広場からチェンマイ市内やランプーン市方面が眼下に広がりとても壮大な眺めです。


ここは大好きな「青空を背にした大仏像」のある寺院(注2008・6.23早朝撮影)
f0178278_23302493.jpg

寺院の周りの山は藤色の花で溢れています。
f0178278_23385575.jpg

遥かランプーン市方面では雨が降っていてうっすらと虹がかかりました。
f0178278_23353362.jpg

チェンマイ市内上空にもむくむくと雲が湧いています。
f0178278_2345763.jpg

すっかり陽が沈み彼方の山の向こうに燃え立つように積乱雲が赤く染まっています。
f0178278_23481711.jpg

暮れなずんできたチェンマイにも雨が・・・
f0178278_23533472.jpg

帰りには大好きな大仏像の手の上に糸のような月が出ていました。
f0178278_00956.jpg

by gaku-404 | 2009-07-25 00:01 | チェンマイの街角 | Comments(4)

2009年暑中

                      暑中お見舞い申し上げます

f0178278_10104191.jpg



いつも「WOOたんのチェンマイ通信」をご覧いただきありがとうございます

そして、あたたかなコメントを頂戴したことに感謝申し上げ、これからもどうぞよろしくお願い致します








更新が滞っていますがWOOたん共々楽しいチェンマイライフを送っていますのでご安心ください。
f0178278_10292056.jpg


みなさまは昨日の日食はご覧になりましたでしょうか?

チェンマイでは8時06分(日本時間10時06分)に日食が最大になりました。

早朝は日差しがあったのですが日食が始まる頃からは空全体を厚い雲が被ってしまいすっかり諦めていたところ8時を過ぎて直ぐに太陽の部分だけが雲が薄くなり10分ほど薄い雲越しに三日月状になった太陽を肉眼で見ることができました。

ちょ~ ラッキー^^

f0178278_10391543.jpg


写真を拡大していただくと左下から欠けて三日月状になった様子がご覧いただけると思いますが、何しろフィルターの装着もせず古いコデジで最大望遠‥お見苦しいところはご容赦くださいね^^;
by gaku-404 | 2009-07-23 10:51 | 徒然の事 | Comments(2)

庭とご近所

朝夕はとても涼しく過しやすいチェンマイです。
とは言えここは熱帯の地には変わりなく庭には南国らしい花が咲いています。
f0178278_12302043.jpg

プルメリアはとてもいい香を放っていて我が家の庭には白と赤の3本のプルメリアが花を咲かせています。
f0178278_1234196.jpg

美しい花もここまでたくさんだと咲きすぎですね^^;
f0178278_12375252.jpg

玄関脇のプルメリアがぐんぐん大きくなり‥
f0178278_1241950.jpg

どんどん道路に覆いかぶさるよう枝を伸ばしている。
そのうちに通行の妨げになると切られてしまうのではないかと心配しています。
f0178278_12423252.jpg


我が家のお隣にはビートルファンのお兄ちゃんがいて黄色のカブトムシを乗っているのだが、最近このワゴンを入手して手入れに余念がない。
とてもきれいでチャーミングな車で日本でもファンは多いと思う。
f0178278_12493917.jpg

反対側のお隣の一軒先は何処の国の人か分らないが銀髪のオールドマンが住んでいてイタリアの名車2台を所有しています。
これもマニア垂涎のバイクだと思います。
f0178278_1310282.jpg

それぞれにカーライフを楽しむご近所さんでした。
by gaku-404 | 2009-07-17 13:13 | 徒然の事 | Comments(6)

お寺参りと朝粥

7時に自宅を出てワット・スアンドゥークへお参りに行きました。
f0178278_18445420.jpg

ここは小さな白い仏塔と金色に輝く仏塔が美しい寺院です。
f0178278_18462446.jpg

白い仏塔は歴代チェンマイ王族のお墓です。
f0178278_18472623.jpg

夕日がきれいなお寺としても有名で金色に輝く仏塔と茜に染まる白い王族達のお墓が美しいところです。
f0178278_18483544.jpg

このお寺にもたくさんの犬達がいて仏塔に寝そべる犬。
f0178278_18534737.jpg

テーブルに陣取る犬。
あちこちで我が物顔の犬達がのんびりと寛いでいます。
f0178278_18553654.jpg

本堂の中では既に早くから読経が始まっています。
f0178278_1942497.jpg

大きな本堂は30~40人の人たちが熱心に手を合わせています。
f0178278_1952382.jpg

1時間ほどお参りをしてから近くの朝粥のお店で朝食です。
ピータン入りのお粥。
f0178278_1965250.jpg

8時30分、お参りを済ませた人や出勤途中の人たちで混雑するお店。
美味しいお粥が有名なこのお店は午前3時からお昼頃の売り切りまでの営業です。
f0178278_1982350.jpg

次回は3時に起きて来てみようかな^^
by gaku-404 | 2009-07-15 19:16 | チェンマイの街角 | Comments(4)

新型インフルエンザ

日本では鎮静化に向っている新型インフルエンザはタイで広がりをみせています。
f0178278_1981391.jpg

昨日チェンマイ総領事館より注意喚起のメールが届きました。


在留邦人の皆様

 新型インフルエンザに関する大使館からの情報(7月10日現在)を以下のとおりお知らせします。

在チェンマイ日本国総領事館
f0178278_199481.jpg

【大使館からのお知らせ】

新型インフルエンザの発生について(7月10日)

(注)更新した情報部分に下線を付しています。

1.タイの状況

(1)昨日(9日)、タイ保健省は、新型インフルエンザにより新たに3人の死亡が確認された旨発表しています(死者数の累計は14人)。

また、本日(10日)現在、新型インフルエンザ感染者の確認数については、累計3,071人である旨発表しています。

年代別感染者割合は、

1歳から5歳:4.0%

6歳から10歳:18.6%

11歳から20歳:58.1%

21歳から30歳:9.5%

31歳から40歳:3.7%

41歳から50歳:3.3%

51歳から60歳:1.4%

60歳以上:0.5%

となっております。

(2)タイ保健省の問い合わせ先等

・タイ保健省の新型インフルエンザに関するホームページ(英文)。
http://beid.ddc.moph.go.th/eng/

・新型インフルエンザに関するホットライン(24時間対応。但し、午前8時から午後4時頃までは、英語対応可とのこと。他の時間帯は、タイ語対応のみ)

保健省疾病対策局 02-590-3333、02-590-1994



2.在留邦人の皆様へのお願い(感染予防対策等)

(1)タイにおいては、10日現在14人の死亡者が出るなど、新型インフルエンザの感染が急速な拡がりをみせています。また、バンコク居住の在留邦人にも感染がみられており、在留邦人により身近な生活圏においても感染が拡がりつつあると思われます。従って、在留邦人の皆様には、これまで以上に警戒を怠らず、冷静に正確な情報を入手するよう努めると共に感染予防対策を徹底し、発熱等症状があり、感染が疑われた場合には速やかに医療機関で受診して下さい(特に基礎疾患がある方)。また、タイでは、これから季節性インフルエンザの流行がピークになりますので、予防接種を受けるなどの対応も必要と思われます。

(2)バンコクにおける新型インフルエンザへの病院の対応状況等は、「大使館によくある問い合わせ」に詳細が記載されていますので、御一読下さい。

(http://www.th.emb-japan.go.jp/jp/birdflu/qa_swineflu.htm)

(3)各自が警戒の意識を高めて状況の変化に対応できるよう感染予防対策に留意することが重要ですので、下記の点に留意し、感染予防に努めて下さい。

(イ)手洗い、うがいを励行する。

(ロ)食料、水、医薬品などの備蓄品を確認する。

(ハ)不要不急の外出を控えること、人混みを避けること、また、人混みにでる場合にはマスクを着用することなども考慮する。

(ニ)発熱や咳などインフルエンザと似た症状がみられた場合には、迷わず医療機関の診療を受けてください。

大使館では、引き続き状況を注視して情報収集に努め、今後、関連情報を迅速に提供していきます。

※ 5月12日、大使館内に緊急対策本部を設置しました。また、新型インフルエンザに関する電話相談窓口(午前8時30分~午前12時、午後1時30分~午後5時45分)、メールによる問い合わせ先を以下の通り、設置しておりますので、お問い合わせ、御相談等ございましたら、下記まで御連絡ください。

大使館代表電話:02-207-8500(内線702)

メールアドレス:taishikan.influenza.madoguchi@eoj.or.th

○在タイ日本国大使館領事部(HP:http://www.th.emb-japan.go.jp)

  電話:(66-2)207-8502、696-3002(邦人援護)

  FAX :(66-2)207-8511

○在チェンマイ日本国総領事館(HP:http://www.chiangmai.th.emb-japan.go.jp)

  住所:Suite 104-107, Airport Business Park, 90 Mahidol Road,

     T. Haiya, A. Muang, Chiang Mai , 50100 Thailand

  電話: (66-53) 203367  FAX : (66-53) 203373

○外務省海外安全ホームページ:http://www.mofa.go.jp/anzen/
f0178278_1993552.jpg

それでもチェンマイではマスク姿の人はほとんど見かけません。
f0178278_1910177.jpg

国民性の違いでしょうか。
日本とは違い市民の対応はノンビリしたものです。

チェンマイの日常は特に変った様子もなく学校なども通常どおりに授業が行われていますし、今のところ心配はないと思っています。

私もWOOたんもいたって元気です^^
by gaku-404 | 2009-07-12 19:25 | 徒然の事 | Comments(2)

ドイサケット夕暮れ

昨年の今頃は暑かった記憶があるのですがここ半月以上も涼しい天候が続くチェンマイです。
やっぱり地元の人に聞いてみてもかなり涼しいようで朝のバイク出勤の服装は厚手の長袖で防寒しています。
就寝時にはエアコンはもとより扇風機も必要なく夜中には寒さを覚えて目覚めるほどで、テレビで日本の真夏日のニュースを見ながらチェンマイの過しやすさに今更ながら驚いています。

昨日は久しぶりに雨の心配もないようでしたので念願のドイサケットからの夕日を見に出掛けました^^
我が家から30分ほどで到着した5時頃にはずいぶん陽も高く残日にはまだ時間がかかりそうな気配です。
f0178278_2012517.jpg

先日掲載した大仏像や仏塔が見渡せますがチェンマイ方向はあいにく木立があるため寺院内の展望席で夕焼けを待つことにしました。


寺院からの眺望で山裾に白く広がって見えるのがチェンマイ市街です。
市街地での高層建築が規制されていますから高いビルはほんの数棟です。
f0178278_19414143.jpg

チェンマイ市の北にあたるメイリム方面にスコールが来ているのが見えます。
f0178278_1942594.jpg

ドイサケット寺の北西方向。
夏至から折り返してきているとはいえかなり北に太陽があるのがわかります。
f0178278_19425049.jpg

幼い兄弟も何処からかやって来て楽しそうに夕焼け鑑賞?
f0178278_1959483.jpg

やがて雲間の夕日も低くなり‥
f0178278_2024013.jpg

ほんのりとした夕焼け色が街を包みこみ‥
f0178278_203610.jpg

展望席の周りには薄闇が漂ってきました。
f0178278_2033386.jpg

帰り際に見上げた空はまだ明るく薄紅色の雲が美しく流れていました。
f0178278_20102518.jpg

by gaku-404 | 2009-07-10 20:19 | チェンマイの街角 | Comments(2)

タイの国花

南国タイは一年中花々で溢れています。
さて数ある花の中で<タイの国花>は何かご存知ですか。

タイ航空のマーク等でおなじみの<蓮>や<睡蓮>でしょうか?
f0178278_193725100.jpg

それともタイといえばオーキッド。蘭の花でしょうか?
f0178278_19412525.jpg



タイにいても蓮の花や蘭の花がタイの国花だと思っている人が意外に多く、私もチェンマイに住み始めて初めて知り、それを聞いた時には信じられずわざわざ調べてみたりました。

てっきり蘭か蓮だとばかり思っていたのですが‥・


タイ名ラーチャプルック
f0178278_15135430.jpg



正解は和名を南蛮皀莢  ナンバンサイカチと読みます。

f0178278_15174521.jpg


英名ゴールデンシャワー


f0178278_19532915.jpg

黄色い藤の花といった感じの花です。
チェンマイの街では4月から6月頃にかけてゴールデンシャワーの街路樹が黄金色の雨を降らせています。
散り敷いた花は黄色のじゅうたんになって私の目を楽しませてくれます。
f0178278_2011328.jpg



それでは日本の国花はなんでしょう?

菊‥

桜‥



正解はそのどちらでもありません。

日本では法令で定めた国花はないのです。 意外ですよね!
by gaku-404 | 2009-07-05 20:44 | 自然 | Comments(6)

パイ旅行の食事

f0178278_18195379.jpg

朝の街に出て屋台でお粥の朝食を取りました。 温泉玉子入りのお粥!
鶏でとったスープで炊き込んだお粥はチェンマイでは食べるます。
f0178278_18292614.jpg

鶏の他豚肉や牛肉もありますがここはイスラム系の屋台のため鶏だけです。
民族は中国系、宗教はイスラムのタイ人が経営。

お隣は同じくイスラムだけど主も中東系の彫りの深さです。
f0178278_18333714.jpg

この屋台ではドーナツ風の上げ菓子を手際よく作っていてバイクで通りがかる人たちが次々に買い求めていきます。
f0178278_18373692.jpg

日本人としては朝からドーナツはチョとね~^^;と思いましたが勧められるままに食べてみたところ意外にも油っこくなく甘味もほんのりでなかなかいけます。
細かく千切ってお粥に混ぜて食べても美味しかったです。



昼食はこんな食堂で。
チェンマイに馴染んだ方には懐かしい光景のこれぞ食堂といったたたずまいです。
f0178278_18435957.jpg

チェンマイ以外で食べるカオソーイの味は?少しさっぱりめ。
f0178278_1850387.jpg

蒸し鶏とターメリックライス。
f0178278_18593994.jpg

タイ風ヤキソバとスープ。
このスープは結構辛かったけど美味しかった^^
f0178278_1955320.jpg

この他に夕食に鯰などの川魚料理を食べたのですがビールを飲んで宴会状態だったので写真をとるのを忘れました^^;

どれも1品 70円~100円くらい。  安くて美味しいパイの食事でした。
by gaku-404 | 2009-07-04 19:18 | 旅行 | Comments(5)

パイの露天風呂

パイでの楽しみのひとつ‥‥温泉!!

パイの中心地から車で10分くらいでしょうか、第二次大戦で日本軍が架けた鉄橋の近くで我々の泊まったリゾートから2、3分の所です。
f0178278_19575494.jpg


静かに湧いている源泉は80度。
f0178278_18535799.jpg

温泉使用料1名30バーツ。

外国人料金は別ですが僕はタイ国の運転免許証を持っているのでタイ人料金でOKです。
タイの外国人料金は格差のあるところではタイ人料金の10倍以上というぼったくりも有ります。
何とかして欲しいものです。

公園といっても山の木々を切り払って駐車場や温泉への道があるだけでゲート事務所の他にはこの休憩所があるだけ。
f0178278_1921481.jpg

東屋風休憩所を過ぎて小さな川沿いを進んでいくと何となく川から湯気が立ってきました。
f0178278_192713100.jpg

この外国人たちも温泉を楽しみに来たようです。
f0178278_19252875.jpg

川から少し高い所にいくつもの源泉が湧き出ています。
f0178278_1931017.jpg

さすがに近寄ると熱気で熱い。
f0178278_1932149.jpg

川の水と混ざり合って3段階くらいの温度に分かれ上の方が熱くなっています。
f0178278_1937925.jpg



          川の水も温泉も濁りがなく川底もサラサラしたきれいな砂なので入浴はとても快適!




f0178278_1946388.jpg


お見苦しいものの後は‥
f0178278_195151100.jpg
きれいな風景で〆てくださいね(笑)
by gaku-404 | 2009-07-03 20:09 | 旅行 | Comments(1)

高原の町パイに住む!

今回のパイ旅行で同行したN嬢。
チェンマイに住んでいましたが3月から日本に里帰りしていて6月末に再びタイにやってきました。
f0178278_1325289.jpg


今月から当分住むことになったのがパイです。
今回の旅行はパイを楽しむと共にNさんの生活の一端を見るためにやってきました。

左からOさんご夫妻とN嬢、右はOさんの奥さんのお友達シンさんです。
f0178278_1330270.jpg



電気は来ていますが家電製品といえば冷蔵庫だけ。
TVや洗濯機など一切存在しません。
f0178278_13413673.jpg

この日本女性もNさんの同僚でここに住んでいて日本とパイを半年毎くらいで往き来しているようでした。
どうです、この素敵な笑顔!
f0178278_13441022.jpg

目の前を川が流れ街の中心から程近い所ですがとても静かな環境です。
f0178278_1348262.jpg

ここがNさんが生活する2階のお部屋です。
f0178278_13523127.jpg

2階の床は竹を粗く敷いたもので体重制限が必要なほど心許ない状態です。
屋根は木の葉で葺いてあり窓にはガラスなどありません。
f0178278_13573833.jpg


心地よい風が吹きぬけていきます。
f0178278_1413353.jpg


f0178278_145334.jpg

 
貴方も自由を満喫するこんな体験をなさいませんか^^きっと彼女達のような素敵な笑顔で過せますよ^^


タイが好き、チェンマイ大好き!と云う人はたくさんいますが<ハマル>と云うのはこういう事なんですね。
生半可な<好き>では通用しない<根性>のようなものが彼女達にはありました。
by gaku-404 | 2009-07-02 14:40 | 旅行 | Comments(4)